2015年1月30日金曜日

電圧測定

本日はあいにくの雪でしたが、時間がとれましたので秋葉原の秋月電子にいってきました。
テスター(MS8229)と電源(M-06961 12V-5A)を購入してきました。
電源はRaspberry Piも接続することを考えて大き目の物にしておきました。

さて、早速動作テストを行いましたが、電源でもサーボモータは動きませんでした。
電池ボックスのケーブルもさしてないと、電源からの供給が行われないのが注意点でしょうか。

そこで、早速テスターを使って各部の電圧を測定したものが以下です。

テスターの画面を貼り付けられると良いのですが、測定しながら写真を撮る為には、手が3本ないとダメなので、各部の測定結果だけを示しています。予想通り、U1のVOUT(4番ピン)が出力されていないようです。入力電圧については問題ないので、やはりU1(レギュレータ?)がおかしいようです。念の為に、IC1(レギュレータ)の入力と出力も測定してみましたが、こちらは正常に出力されているようです。
従って、原因はU1(型番が図面に記入されていないので詳細は不明です)のようです。

ただ、これ以上は電子回路の知識が無い私には解析不能です。
今後、ボチボチと知識を高めて、原因の想定ぐらいできるようになりたいものです。

ということで追跡調査はここまでとなります。

さて、そんなことを書いていたらForamにスイッチサイエンスさんから初期不良ではないかということで連絡を欲しいという書き込みがありました。(すでに連絡済みです)

非常に丁寧な対応で、関心しました。
対応内容については書き込んで良いかわからないので書きませんが、個人的には非常に満足しております。

いずれにしろ、新しい基盤を用意して先に進みたいと思います。
まずは動くことを確認して、声を出せるようにして、音声コントロールにカメラモジュールからのストリーミングに、距離センサーの接続もやりたいですね。

まだまだ先は長そうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

MicroSDカードアダプタでWindows10がクラッシュ

事の初め  Raspberry Pi 4のスタータキットをAmazonで購入したところ、MicroSDカードをUSB-TypeAとTypeCで利用できるようにするアダプタがついてきました。非常にコンパクトで良さげです。 TypeAの方ではチョコチョコと使っていましたが、特に問題は...