2019年1月18日金曜日

アリババとバーチャルカード

RAPIRO無線化計画でRaspberry Pi Zero Wとリチウムポリマーバッテリー+USB充電回路を作成するので、リチウムポリマーバッテリーを購入する必要が出て来ました。

USB充電回路についてはGoogleさんで「リチウム電池 充電回路」で検索するといくつか出て来ますが、いつも使っているスイッチサイエンスさんでも色々と取り扱っているようです。

5V/3.3V出力付きリチウムイオン電池充電器とかLi-Po ライダー Proあたりが使えそうです。これならUSBから充電して5V出力も出来るのでそのままRaspberry Pi Zero Wの電源として利用できます。ただ価格が2,000円から3,000円程とチョットお高めです。

さらに検索を続けているとAliExpressにこんなのを見つけました。価格はUS $3.10で送料無料なので400円弱になります。さすがアリババの運営するサイトです。ついでにリチウムポリマーバッテリーも検索するとやはり格安のものがゴロゴロしています。さらにRaspberry Pi Zero Wに接続するカメラのコードもサイズが違うので、探してみると$1程でより取り見取りです。

決済についてはカード決済だけでPeyPalは利用できないようです。まあ有名なサイトですから問題はないとは思いますが、そこは中国のネット販売ということで、最近流行りのバーチャルカードを申し込んで決済しようと思います。

バーチャルカードは現在いくつかありますが、現在加入しているVISAでも利用できるので、VISAのバーチャルカードを作ることにしました。利用限度が月10万まで、カードの不正利用の補償サービスもついているので今後はネット決済は、PeyPalが使えればPeyPalで、チョット怪しいサイトでの買い物やPeyPalが使えないサイトではバーチャルカードという利用方法でいいかなと考えています。

申し込みはVpassにログインして新しいカードの追加メニューからバーチャルカードを選択すれば簡単に申し込みできます。

3日程で審査が通ったというメールが来ましたが、カード番号は教えてくれないのでバーチャルカードが手元に来るまで利用することは出来ないようです。それでも1週間ほどでカードが郵送されてくるそうなのでカードが到着次第AliExpressで注文してみたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Raspberry Pi ZeroでHeadphonesが無くなった

最近こんなの Adeept Robotic Arm Kit for Arduino や こんなの 「Petoi Bittle」(ペトイ・ビトル) を購入して遊んでいました。 両方共にArduino互換ボードでサーボモーターを駆動する物ですが基本的なプログラムは提供されるのでとりあ...