2022年5月3日火曜日

bullseyeでGrove Base Hat for Raspberry Piが動かない!

 Raspberry Pi OS bullseyeがリリース

2021年10月30日にbullseyeがリリースされましたが、その後Busterも引き続きサポートされていく事がアナウンスされました。本家のNewは2021年12月2日に出されましたが、2021年12月10日にはZD Net Japanが日本語の記事をアップしています。

これに伴ってGrove Base Hat for Raspberry Piの一部センサー等についてbullseyeでは提供されるライブラリで動かなくなったものが出てきた様です。

いずれライブラリもアップデートされるでしょうが今回仕事でGrove Base Hat for Raspberry Pi(以下Hat)を使う必要があったのであえてLegacyを使わずにbullseyeにチャレンジしてみました。

Online one-click installationは使えません

まずはseeed studioのHatのページを見てみるとbullseye以上の場合は「Online one-click installation」が使えないと記載されています。これはbullseyeからPython2が標準インストールされてなくなったのが原因です。但し「Step by step installation」の手順でPython3でインストールすればbullseyeでもHatの利用は可能です。

ほとんどのセンサー類は問題なく動く様です。

では何が問題なのかと言う事ですが、色々と調べてみるとHatライブラリでupmmraaを使っていると問題になるようです。
bullseyeにはupmとmraaはインストールされていないので手動でインストールしようとしてもパッケージが見つからないのでインストール出来ませんでした。
seeed studioのGithubでもupmとmraaについては既にメンテナンスされていない様なのでGroveモジュールでupmとmraaを使用している物は使えないとなっています。

Node-REDで動かしてみる

取り敢えずはbullseyeの環境でインストールしてNode-REDでこちらの温度センサーを使ってみると以下の様なエラ〜メッセージが表示されます。

Error: Command failed: python -u /home/pi/.node-red/node_modules/node-red-contrib-grove-base-hat/grove-temperature-sensor/grove-temperature-sensor.py 2 1651393678682
Traceback (most recent call last):
  File "/home/pi/.node-red/node_modules/node-red-contrib-grove-base-hat/grove-temperature-sensor/grove-temperature-sensor.py", line 26, in <module>
    from grove.factory import Factory
  File "/usr/local/lib/python3.9/dist-packages/grove/factory/__init__.py", line 2, in <module>
    from .factory import *
  File "/usr/local/lib/python3.9/dist-packages/grove/factory/factory.py", line 38, in <module>
    from grove.temperature import *
  File "/usr/local/lib/python3.9/dist-packages/grove/temperature/__init__.py", line 2, in <module>
    from .mcp9808 import TemperMCP9808
  File "/usr/local/lib/python3.9/dist-packages/grove/temperature/mcp9808.py", line 38, in <module>
    from upm.pyupm_mcp9808 import MCP9808
ModuleNotFoundError: No module named 'upm'
    at ChildProcess.exithandler (child_process.js:383:12)
    at ChildProcess.emit (events.js:400:28)
    at maybeClose (internal/child_process.js:1058:16)
    at Socket.<anonymous> (internal/child_process.js:443:11)
    at Socket.emit (events.js:400:28)
    at Pipe.<anonymous> (net.js:686:12) {
  killed: false,
  code: 1,
  signal: null,
  cmd: 'python -u /home/pi/.node-red/node_modules/node-red-contrib-grove-base-hat/grove-temperature-sensor/grove-temperature-sensor.py 2 1651393678682'
}

この温度センサーではNTC Thermistorを使っているのでMCP9808は使っていないのですがエラーになっています。「grove/temperature/__init__.py」が有無を言わさずに「mcp9808.py」をimportしている様です。

そこでupmとmraaを使用しているモジュールを調べてみると

$ sudo grep -rl upm /usr/local/lib/python3.9/dist-packages/grove
/usr/local/lib/python3.9/dist-packages/grove/display/jhd1802.py
/usr/local/lib/python3.9/dist-packages/grove/display/__init__.py
/usr/local/lib/python3.9/dist-packages/grove/display/sh1107g.py
/usr/local/lib/python3.9/dist-packages/grove/display/__pycache__/jhd1802.cpython-39.pyc
/usr/local/lib/python3.9/dist-packages/grove/display/__pycache__/__init__.cpython-39.pyc
/usr/local/lib/python3.9/dist-packages/grove/display/__pycache__/sh1107g.cpython-39.pyc
/usr/local/lib/python3.9/dist-packages/grove/temperature/mcp9808.py
/usr/local/lib/python3.9/dist-packages/grove/temperature/__pycache__/mcp9808.cpython-39.pyc
/usr/local/lib/python3.9/dist-packages/grove/grove_optical_rotary_encoder.py
$
$sudo grep -rl mraa /usr/local/lib/python3.9/dist-packages/grove
/usr/local/lib/python3.9/dist-packages/grove/display/sh1107g.py
/usr/local/lib/python3.9/dist-packages/grove/display/jhd1802.py
/usr/local/lib/python3.9/dist-packages/grove/display/__pycache__/sh1107g.cpython-39.pyc
/usr/local/lib/python3.9/dist-packages/grove/display/__pycache__/jhd1802.cpython-39.pyc
/usr/local/lib/python3.9/dist-packages/grove/gpio/gpio_mraa.py
/usr/local/lib/python3.9/dist-packages/grove/gpio/__init__.py
/usr/local/lib/python3.9/dist-packages/grove/gpio/__pycache__/gpio_mraa.cpython-39.pyc
/usr/local/lib/python3.9/dist-packages/grove/gpio/__pycache__/__init__.cpython-39.pyc
/usr/local/lib/python3.9/dist-packages/grove/grove_optical_rotary_encoder.py

それぞれのソースにあたってみると、

  • displayでは__init__.pyで直接upmからimportしています。
  • temperatureでは__init__.pyで直接upmをimportしていませんが、__init__.pyでmcp9808.pyをimportしているので間接的にimportされます。
  • grove_optical_rotary_encoderについては光ロータリーエンコーダを使用しなければ問題ありません。
  • gpioについてはRPi.GPIOがインストールされていない場合にgpio_mraaを使用するようになっていますがbullseyeではRPi.GPIOがインストールされているのでmraaは使用されません。

以上からdisplayとtemperatureについて対応してあげれば使用できるようになりそうです。

Groveにパッチを当てる

以下の修正をする事でNode-REDで問題なく温度の測定をする事ができるようになりました。

$ sudo vi /usr/local/lib/python3.9/dist-packages/grove/temperature/__init__.py

from .temper import Temper,TemperTypedNTC
### from .mcp9808 import TemperMCP9808

### __all__ = ["Temper", "TemperTypedNTC", "TemperMCP9808"]
__all__ = ["Temper", "TemperTypedNTC"]

$ sudo vi /usr/local/lib/python3.9/dist-packages/grove/display/__init__.py

### from upm.pyupm_lcd import SSD1306, SSD1308, SSD1327
### from .jhd1802 import JHD1802
### from .sh1107g import SH1107G_SSD1327

### __all__ = ["JHD1802", "SH1107G_SSD1327"]
__all__ = []

尚、コメントにしたGroveモジュールについて使用する場合は自分で対応する必要があります。

0 件のコメント:

コメントを投稿

bullseyeでGrove Base Hat for Raspberry Piが動かない!

 Raspberry Pi OS bullseyeがリリース 2021年10月30日にbullseyeがリリースされましたが、その後Busterも引き続きサポートされていく事がアナウンスされました。本家の New は2021年12月2日に出されましたが、2021年12月10日には...