2021年4月8日木曜日

PowerBI 32bitでMariaDBに接続できなかった件

Microsoft.PowerBI.OleDb is not registered

 最近IoT関係で計測データの分析をする必要があったのでPowerBIを使ってみました。
とりあえず自分のPCで分析できたので、顧客先のPCで同じことをやろうとしたところ上記のようなエラーになって分析できませんでした。
違いといえば自分のWindows10が64bitのProバージョンなのに対して、顧客のWindows10は32bitのHomeであることでした。

PowerBI及びMariaDB Connector/ODBCについては32bit版をインストールしたので問題ないと思ったのですが・・・
テーブルの選択は可能なのでMariaDBへの接続まではできているようです、その後内部的にデータ処理用にOleDBのオブジェクトに変換しているようで、そこでクラスが登録されていないというエラーのようです。

いつものようにGoogleさんにお伺いを立てるとこちらのサイトに行き当たりました。

内容的には64bitのPowerBIから32bitのAccessに接続しようとして発生したエラーの話のようですが、結論としてはMicrosoft Access Database Engineをインストールすれば解決するよという事のようです。OLE DBがAccess Database Engineに含まれているのかな?

一件落着


早速こちらから32bitのAccess Database Engineをダウンロードしてインストールして再度テストしましたが・・・

う・ご・か・な・い・・・

同じくOleDBが無いというエラーです。
PCを再起動してテストしても同じです。

そこで再度PowerBIも含めてインストールをやり直してみました。
  1. Microsoft Access Database Engineのインストール
  2. MariaDB Connector/ODBCのインストール
  3. PowerBIのインストール
今度はちゃんとアクセスすることができました。

とすると、インストールされているエンジンに合わせてPowerBIが必要なモジュールをインストールしているのかもしれませんね。

いずれにしろ一件落着でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿

QNAPでPostgreSQLを動かす

 PostgreSQL公式では起動できない QNAPでPostgreSQLを動かす場合はContainerSenterを導入してDockerで動かすようになっています。 標準でサポートされているデータベースはMariaDBなのですがバージョンが5.5.57(最新版は10.5.10...